blog

ブログ

2024.01.26 / TRAINING

筋肉痛がないことは悪いことではない

幣守 裕之

今回は「筋肉痛がないことは悪いことではない」というテーマでお伝えします。

 

今回の記事は、

●トレーニングをしているのに筋肉痛がないから、意味がないのではないか?

と疑問を持っている方に読んでいただきたい内容です。

 

トレーニングで鍛えているのは筋肉だけではない!

筋肉痛がトレーニングの効果を測る一つのバロメーターと見なされることが一般的ですが、

実際には必ずしもそのような単純な関係ではありません。

いわゆる「筋トレ」は文字通り、トレーニングをして筋肉を育てる(目的は筋肥大、持久力UPなど)という認識ですが、

 

このブログを読まれている方のほとんどがスポーツ選手、もしくは保護者の方が多いかと思います。

実はトレーニングは「筋トレ」だけではありません。

一番は「神経」を鍛えています。

 

スポーツ選手の視点から見ていくと、

例えば、全ボディビルダーがスポーツ万能でしょうか?

毎日のように筋トレをして、筋繊維を破壊(筋肉痛を起こす)→超回復を繰り返しているボディビルダーですが、

筋肉量はすごくても、スポーツが上手かどうかは別の話になります。

筋肉量とスポーツの能力が比例するわけではないわけです。

もちろん種目や目的によっては筋肉量が競技パフォーマンスに必要な場合があります。

ですが、スポーツ選手は必ずしも、毎回筋肉痛がこなければならないというわけではありません。

 

 

以前のブログで、運動は「脳」が制御しているとお伝えしました。

 

前回のブログ↓↓↓

【野球選手必見】球速アップにおける脳科学の観点から見たアプローチ

 

 

 

慣れた動きの繰り返しだけで、脳に新しい刺激が入らない場合、

新たに筋肉や腱に対して突発的な負荷はなく、筋肉痛は起きにくいです。

(継続・反復した動作での負荷の蓄積による筋肉痛はありえます)

練習やトレーニングが進むにつれ、筋肉痛が必ずしも発生するわけではないことを理解することは重要です。

 

これは逆に言えば、筋肉痛がなくてもトレーニングが進んでいる可能性があるということです。

痛みなしでも筋肉や腱(あわせて神経系)は鍛えられているケースがあります。

 

 

筋肉痛が起きるメカニズム

筋肉痛は筋肉が新しい動きや負荷に適応しようとする際に生じる一時的な反応です。

初めてのトレーニングや新しいエクササイズを導入すると、筋肉は適応するために微小なダメージを受けることがあります。

これにより、炎症反応が生じ、筋肉痛が発生します。

しかしながら、トレーニングを継続すると、筋肉はその負荷に適応し、ダメージを最小限に抑えるようになります。

その結果、同じトレーニングを継続しても、初めの頃ほど筋肉痛を感じなくなるということです。

 

つまり同じトレーニングを同じ負荷で繰り返し行っている場合は、

脳的にも、筋肉的にも刺激がないので、新しい神経もつながらないですし、筋肉痛も起きませんので注意が必要です。

 

POINT
・同じ負荷の反復動作に気をつけよう!

 

 

 

この記事のまとめ

今回の記事では「筋肉痛がないことは悪いことではない」というテーマでかきました。

筋肉痛がなくても成果が上がっているかどうかは、パフォーマンスや体力の向上、体組成の変化など様々な要素を総合的に評価することが重要です。

筋肉痛は一時的な反応であり、必ずしもトレーニングの成果を正確に反映するものではありません。バラエティ豊かなトレーニングを組み込み、個々の身体の反応に敏感に対応することが、持続可能な成果を上げるための鍵と言えるでしょう。

 

皆様にはぜひ

・トレーニングで何を鍛えているのかを意識する

・目標や体調に合わせて、継続的な評価と調整をする

ことを行っていただきたいです。

 

【大阪・奈良】Jrアスリート個別指導トレーニング

アスリートワークスでは、専門スポーツに特化した特別コースや発展途上の子どもたちを対象に

基礎的な土台作りからJrアスリートとして活躍するための本格的なトレーニングまで

それぞれのレベルに合わせたトレーニングコースをご用意しております。

 

現在は、大阪では京橋本店・堺店・豊中店、奈良三郷店と関西に4店舗で子供たちの指導をしています。

野球・バスケ・サッカー・ラグビーなど、様々な競技で沢山の子供たちが通っている施設です。

 

ブログ記事で書いている内容をより詳しく知りたい!足が速くなりたい!

スポーツで活躍できる選手を目指したい!正しい身体の使い方を覚えたい!

柔軟性を高めてケガが少ない体を作りたい!など…

 

小中学生に特化したトレーニングに興味がある

実際に動きをみてもらってフォーム指導してもらいたい方は

 

ぜひ一度、見学・体験レッスンへお越しください!

見学・体験会のお申込みは随時受付中です。 見学は随時可能。お気軽に応募、またはお問い合わせください。

▼見学・体験会のお申込みはこちらから
https://athleteworks.co.jp/reserve/

▼お問合せはお電話にてお願いします
[京橋店・堺店・豊中店・奈良三郷店共通] 06-7506-9864
※営業時間:11:00~21:00(日曜・祝日は店休日)

まずは見学・体験に参加しよう!

LET’S TRY PROGRAM!!

アスリートワークスではトレーニングに通っている子供達と一緒に、実際のトレーニングを体験頂くことができます。
少人数でのグループトレーニングなので、はじめての選手にもしっかりと寄り添って指導をしています。

お申し込みはこちら